ネットで評判の茨城注文住宅会社「コンチネンタルホーム株式会社」の特徴と坪単価・口コミを紹介します!

茨城でおすすめの注文住宅会社徹底比較!
  1. コンチネンタルホーム株式会社

「コンチネンタルホーム株式会社」の特徴や口コミをご紹介

このページでは茨城県で評判の良い注文住宅会社「コンチネンタルホーム株式会社」の特徴と坪単価、構法、ネットの口コミや評判を紹介しています。また、実際に管理人が相談に行った感想なども合わせて紹介しています。

コンチネンタルホームの特徴

コンチネンタルホーム
コンチネンタルホームの特徴

コンチネンタルホームは、40年という長い実績を持つ、茨城・栃木を中心に展開している地域密着型のハウスメーカーです。茨城・栃木を中心に展開している地域密着型のハウスメーカーです。「100年安心住宅」を掲げ、「2世代・3世代と受け継がれていく住まい」をモットーに、高い施工品質による高耐久性・高耐震の家づくりをしています。

24時間全館空調システム・ゼッチ(ゼロ・エネルギー)住宅の取り扱いはもちろん、茨城では数社しかやっていないエアー断震システムを扱っているのも、高い技術を持っているからこそ。

コンチネンタルホームでは建築費などの初期費だけではなく、その後の光熱費や修繕費などのランニングコストまでをしっかりと考えた家づくりをしています。初期費用などは少しでも抑えたいと誰もが考えますが、それだけを考えて住まいづくりを進めてしまうと、その後の光熱費や修繕費に費用がかかり、結果的に高くついてしまう事があるからです。

建材にもこだわっており、他のメーカーではどこの木を使っているか分からないことが多いですが、コンチネンタルホームは国産・なおかつ栃木の木を利用しています。

こんな人におすすめ
  • 耐震性・防火性・耐久性の高い家を建てたいが、コストは抑えたい
  • 土地探しから資金計画まで全てお願いしたい
  • 今後のライフスタイルも反映させた家づくりがしたい
  • 省エネで経済的、かつデザイン性に優れた家を建てたい
  • 地域密着型で、アフターフォローもしっかりしているハウスメーカーがいい
平均坪単価
45万円
主な構法
木造軸組
アフターサポート
  • 定期診断
  • 住まいのメンテナンス
  • ライフタイムリフォーム

コンチネンタルホームで実際に相談してみて

つくばのショールームに行きましたが、外観・キッチン・洗面・インテリアなど様々な展示があり、「自分だったらどこに何を選ぶか」というイメージが湧きやすくなっています。外観のデザインはどれも素敵で、私も妻もワクワクしてしまいました。対応はとても感じが良く、こちらの希望をじっくり聞いたうえで、お勧めの間取りや施工の特徴などをしつこくない程度に説明してくれました。地域密着型のメーカーなので、土地情報や周辺環境にもかなり詳しいと感じました。

また、購入時だけでなく将来まで見据えた資金計画をしてくれることには驚きでした。「お子さんが生まれると何かとお金かかりますもんね」と、親身になっていただいたことも嬉しかったです。私たち家族に寄り添ってくれている感覚があって、信頼できると心から思いました。とことんサポートをしてくれるという安心感があります。

コンチネンタルホームの施工事例

コンチネンタルホームの施工実例①Y様邸

コンチネンタルホームの施工事例 ワンランク上の快適な空調「AiriA(エアリア)」搭載の家です。

コンチネンタルホームの施工実例②土浦市 K様邸

コンチネンタルホームの施工事例 一階にあるリビングと和室を、引き戸で一体感を持たせて設計し、友達と集まれる家になっています。

長く・安く・快適に過ごせる住まいづくりのためのこだわりとは?

ランニングコストを考えた住まいづくり

コンチネンタルホームでは、建築費などの初期費用だけではなく、住み続ける中で発生する光熱費や修繕費などのランニングコストを考慮した住まいづくりを大切にしています。何故なら、このようなライニングコストの方が長期的に見た時に費用がかかるとされているからです。

費用面で1番圧迫するのが修繕費。コンチネンタルホームでは耐震性・防火性・耐久性に優れた家づくりを徹底しています。特に耐震性に関しては建築基準法の1.5倍の強度を誇る基礎作りが標準装備されているなど、大切な家族・家を安全に守ることが出来ます。それだけではなく、家そのものを長寿命化する劣化軽減対策も取り入れられています。また、省エネ設備を完備することによって、居住性や利便性を高めつつ、光熱費の削減に繋げられます。

空調生活「AiriA(エアリア)」の実力

AiriA(エアリア)とは、コンチネンタルホームのこだわりの一つで、夏は涼しく、冬は暖かい空間を実現する設計です。高性能フィルターやプラズマフレッシュなどの機能で、24時間、家の中の空気をきれいに保ちます。給気口に高性能なフィルターを設置しているため、花粉やPM2.5などのアレルギー物質からも、家族を守ってくれます。もちろん、冷暖房などによる電気代も節約できます。AiriA(エアリア)は、人にも地球にも優しい空調生活です。

コンチネンタルホーム自慢の建築技術

地震大国とも言われている日本。コンチネンタルホームでは快適さだけではなく、安心して長く住める家づくりを目指しています。地震をはじめとする外力にも耐える強度を実現すべく、家の骨組みに構造用金物(ジョイントリンク)とハイブリッドモノコックの技術を標準搭載しているので安全です。

構造用金物(ジョイントリンク)

コンチネンタルホーム

コンチネンタルホームの構造用金物(ジョイントリンク)は、柱の接合部分の強度を高める役割を果たします。金具は地震や風に強い金属を厳選して使用しているので、従来の1.7倍の強度を誇ります。また、金具とボルトの部分のみ加工をおこなうので、断面の欠損が少ないだけではなく、金具が柱や梁に収まるので美しい仕上がりになります。

ハイブリッドモノコック

コンチネンタルホーム

コンチネンタルホームでは、構造用金物(ジョイントリンク)で組んだ枠組みを、さらに耐力面材によって床と壁を一体化させるハイブリッドモノコックを取り入れています。建物全体が一体となることにより、地震や台風など外部からの圧力を分散し、吸収することができるのでとても安心です。

建築基準法で定められた耐力壁の強さを表したものを「壁倍率」といい、この値が高いほど、性能が高く、地震や風などの横からの力に耐えることができます。コンチネンタルホームでは上限値である壁倍率5.0倍を実現させています。

コンチネンタルホームのおすすめ商品

コンチネンタルホームは、お客様1人1人の多彩な暮らしの理想を実現すべく、様々な商品ラインアップを用意しています。もっと暮らしを充実させられるように、家族と未来を歩む「ライフタイム住宅」を提案します。ここではコンチネンタルホームが今おすすめする平屋建ての商品をご紹介します。

Grado(グラード)

Grado(グラード)のコンセプトは「現在も未来もそして万が一も・・・。その時々にあわせた心地よさがずっと続く、暮らしにフィットする生活提案型住宅」です。ライフスタイルの変化に対応した、理想的な暮らしを実現するために「不安を安心に変える5つの配慮」として、様々な工夫が盛り込まれています。

コンチネンタルホーム
健康への配慮
省エネに基準に対応した高断熱性
快適性への配慮
家全体があたたかくなるような空間設計
室内の空気質改善への配慮
外気の汚染物質完全にシャットアウト
メンテナンスへの配慮
超高耐候塗料「プラチナコート」で長持ちを実現
生活・身体の変化への配慮
生活や身体の変化に合わせて間取変更を可能に
玄関

Grado(グラード)玄関

身体に優しいスロープ・ベンチなどが設置された安全設計。老後になっても安心です。

LDK

Grado(グラード)LDK

LDKを中心にどの部屋へもアクセスできるのがこのプランの特徴。平屋ならではの空間作りですね。ダイニングには傾斜天井取り入れ、開放感を演出しています。

Yuraku(愉楽)

Yuraku(愉楽)のコンセプトは「陽光がいっぱい、広々、のんびり。平屋ではじまる、自分たちだけの新しい暮らしのカタチ」です。夫婦の暮らしをより楽しむことができるような工夫を取り入れているのが特徴です。傾斜天井、使い勝手自由な土間スペースなど、他の住まいとは違うデザインや空間づくりを採用し、充実した生活をサポートします。

コンチネンタルホーム 土間スペース

Yuraku(愉楽)土間スペース

玄関からつながる位置にある土間スペース。ご近所の人や友人が訪ねてきた時のおもてなしの空間としても利用できます。趣味の場所としたり、ペットの遊び場にしたりと使い方は自由自在です。

寝室

Yuraku(愉楽)寝室

使い勝手を考えた広々設計の寝室です。もしお孫さんが泊まりに来ても大丈夫ですね。

コンチネンタルホームを利用した方の口コミ

  • 一生ものの、財産になるような家が建てられました コンチネンタルホームさんに注文住宅を建てていただきました。展示場に行くのは初めての経験だったので、はじめは不安ばかりでした。しかし担当して下さった方が、私たちの希望を聞きながら1つ1つ丁寧に説明してくださったので、自分たちの理想がどんどん形になっていくのが楽しくて仕方がなかったです。妻が家事がしやすいように家事動線を考えた間取りにしていただいたり、私が要望していた書斎スペースも作っていただいて、本当に満足しています。 (42歳/男性)
  • 収納スペースについて指摘いただけたことは本当に助かりました 去年待望の子供が産まれたんですが、家族が増えるとこれからの生活はやはりアパートではつらいと感じるようになりました。そこでいろんな展示場を見に行った中で外観や内装のデザインセンスに一目惚れしてしまったコンチネンタルホームさんの住宅に決めました。夫婦そろって見落としていた収納スペースについて指摘いただけたことは本当に助かりました。 (35歳/男性)
  • 的確なアドバイスと親切な提案はとても信頼できました 内装などのイメージはある程度できていたので、それをしっかり具現化していただけたと思います。相談していく中で的確なアドバイスなどもしていただいたので、より洗練されたものになったと思います。私たちの意見を尊重しつつ、様々な案を出してくださった提案力にも脱帽でした。こだわりの詰まったマイホームが建てられたのは本当に幸せですし、耐震性などにも優れているので安全面も保障されてて安心です。 (36歳/男性)
  • ここは他とはちょっと違うぞと感じました 担当さんの説明を聞いていて、ここは他とはちょっと違うぞ、と感じました。住宅の機能性や料金、お得な制度などはどこのメーカーでも積極的に紹介してきますが、コンチネンタルホームは家族の理想をヒアリングした上で「前にこんなご家族がこんな家を建てられましたよ」といった経験談を踏まえてここをこうするのはどうでしょう、と提案をしてくれたんですね。おかげで家族の希望を切り捨てることなく家づくりを進めることができました。 (33歳/男性)
  • 私達と一緒に悩んでくださったことは本当にありがたかったです コンチネンタルホームにお願いしたおかげで開放的なリビングや生活動線重視の間取りなど、主婦にとって楽な住宅を建てたい、という要望を実現できました。特に取り入れたかったのが展示場にあった「ママルーム」です。予算面で厳しい部分があることもきちんと汲み取ってくださり、私達と一緒に悩んでくださったことは本当にありがたかったです。 (32歳/女性)
  • 子供の成長にも対応できる素敵な家づくりができました 夢のマイホームを建てるということで、私たち夫婦の希望は「子どもたちがのびのびと暮らせる家」でした。子どもは2人目も考えているという、今後のライフイベントのことも相談させていただいたところ、部屋を分割したり、今後の子どもの成長とともに部屋の仕切りを自由に変えられるような案を出してくださいました。大幅リフォームをしないとできないと思っていたので、とても嬉しかったです。相談させていただいて本当によかったです。 (31歳/男性)

コンチネンタルホームの会社概要

コンチネンタルホームつくば展示場

コンチネンタルホームつくば展示場
  • 住所:茨城県つくば市研究学園A-55街区つくばハウジングパーク内
  • 出典:コンチネンタルホーム株式会社
会社名
コンチネンタルホーム株式会社
設立年月
1977年2月
住所
〒327-0017 栃木県佐野市大町2979番1
展示場
【茨城県】つくばショールーム、つくば展示場、土浦展示場、牛久展示場、守谷展示場
営業時間
10:00〜17:00(水曜定休日)
対応エリア
茨城県、栃木県、群馬県

ページのトップへ